コーヒーを飲むと病気などでの死亡リスクが低くなる!

最近のニュースで話題になっていましたが、コーヒーを1日に3杯~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べ病気などで死亡する危険性が低くなるという研究成果を、国立がん研究センターなどのグループがまとめたそうです。

40~69歳の男女約9万人を対象に約19年の追跡調査を行ったそうで、それぞれの習慣的摂取と主要な死亡要因との関連を調べたところ、コーヒーを1日に1杯~2杯飲むと答えた人は、病気などで死亡する危険性がほとんど飲まない人に比べて0.85倍と低く、3杯~4杯飲むと答えた人では0.76倍と、さらに低くなったそうですよ。

また、コーヒーは心疾患、脳血管、呼吸器疾患による死亡リスクが低かったとのこと。

健康に良いコーヒー

ちなみに緑茶の場合も、1日に5杯以上飲む人の全死亡リスクは男性で13%、女性で17%低く、飲む量が増えるにつれてリスクは下がっていたそうで、心疾患による死亡は男女とも低く、脳血管疾患と呼吸器疾患では男性のみ低かったとのことです。

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインなどの成分が、病気になる危険性と関係している可能性があるということですから、カフェインは体に悪い、なんてことはないわけですね。

コーヒー大好きさんにとってはとてもうれしいニュースでしたよね!

コーヒーをおいしく飲んで健康にと思うなら、多くても3~5杯までだそうです。

私はブラックですが、コーヒーにクリームや砂糖を入れて飲む方はカロリーの取り過ぎにもご注意くださいね!

コーヒーで健康に


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /virtual/nricafe/public_html/www.noricafe.net/wp-content/themes/wp/single.php on line 54