タリーズのコーヒー豆!マンデリンG1アルールバダの味は?

この間久しぶりに飲んだタリーズのコーヒー豆「エスプレッソクラシコ」が美味しかったので、またタリーズへ行って気になるコーヒー豆を購入。

ニュークロップ(新豆)の「マンデリン G1 アルール バダ」200グラム税込1,230円。

タリーズコーヒー豆マンデリンG1

産地はインドネシアのスマトラ島のアチェ州アルール バダ地区で、標高約1600~1700m。

パッケージに「ワイニーで個性的な風味」と書いてあるのが気になり。。。

「大地のような香りを持つ力強い風味にワインフレーバーが加わったユニークなコーヒーです」と裏に説明書きが。

ワイニーよりもむしろ「大地のような香り」っていうのが私にはまだイメージが湧かず・・・私の修行がまだまだ足りないのか・・・?

味が気になるので早速開けて飲んでみました!

タリーズマンデリンG1豆

とてもいい香り~♪

タリーズコーヒー豆マンデリンをドリップ

今まで飲んだマンデリンとは味が違うような・・・?

ちょっと違う味!これが「ワイニー」というやつでしょうか?もちろん美味しいです!

そうそう、そしてタリーズはこのマークにも注目です♪

タリーズロースティングファクトリー

このマークは、ロースティングファクトリーで焙煎した豆という証。

ロースティングファクトリーは、2013年に静岡県にできた焙煎工場なのです!

国内で焙煎された豆なので、焙煎したての香り高いコーヒー豆を味わえるということですね。


この記事が参考になったと思ったら「いいね!」お願いします。


Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /virtual/nricafe/public_html/www.noricafe.net/wp-content/themes/wp/single.php on line 54